Excelでラベルを作成するには

今までエクセルで作った住所録などをWordの差し込み機能でラベルなどを作っていましたが、エクセルにもラベルを作る機能があったのでびっくり。
でもこれはExcel2007、2010で使える機能で2013以降はできませんので注意です。
まずラベルにしたい住所録を用意します。

ラベル1

データの絞り込みなど便利なので、テーブルに変換しておきます。
データの中をどこでもいいのでアクティブにしてから「挿入」タブから「テーブル」で作成できます。

ラベル2

ラベル3

ラベル作成するにはアドインに「ラベル印刷ウィザード」を追加します。
「ファイル」→「アドイン」のダイアログボックスの下の「設定」をクリックします。

ラベル4

一覧の中に「ラベル印刷ウィザード」があるのでチェックを入れます。

ラベル5

リボンにコマンドボタンは出ません。印刷の画面の下に「ラベル印刷ウィザード」のボタンが登場します。

ラベル6

ボタンを押します。

ウィザード1/3 データの範囲を指定する画面が出てきます。テーブルをきちんと範囲選択されていますのでこのまま「次へ」ボタンを押します。

ラベル7

ウィザード2/3 ラベルの用紙を指定します。メーカー名と型番を指定します。無い場合には「新規ラベル」からユーザー設定できるようになっています。ラベルの袋に情報が書かれていますから、それを見ながら設定しましょう。今回はA-Oneの28382とします。
「次へ」ボタンを押します

ウィザード3/3 ここでデータをラベルに配置します。必要な項目を左から選んで追加します。

ラベル8

ラベル9

プレビューボタンをおして、文字が全部表示されているかを確認し、項目の端にあるハンドルで大きさを調整します。文字の大きさはÅ↑で大きくなります。名前の後の「様」はテキストボックスで作成します。
写真をいれたり、図形も作成できますが、あとから入れると文字の上にきてしまいますので、背景にしたい場合などはあらかじめ図を入れておいてそれから項目を追加するとよいです。
完成です。プレビュー画面です。
ラベル10

なぜか、Excel2013以降では「ラベル印刷ウィザード」はアドインにありません。Wordの差し込みの方が個々のラベルの編集が出来たり機能が上ですから必要ないということでしょうか?

昨日は汎用性のきくWordでのラベル作成の方を授業しました。
スポンサーサイト

印度の味カレーペーストをつかってみた

今日のお昼ご飯はカレーライス
印度の味(中辛)のペーストを使いました。
indiancurry 001

玉ねぎなどの野菜がしっかり煮込まれていてとっても手軽に本格的なカレーが楽しめます。
鶏肉をココナッツオイルで炒めて、ペーストを1瓶投入~、同じ瓶で水を2杯入れて後は煮込むだけ、とっても簡単でおいしかった。
indiancurry 002

レトルトよりいいなぁ~~

Buffalo製外付けHDトラブル・データ救出

昨日は以前出張で伺い、データの移行などをしたことのあるお客様より、仕事場の外付けHDのデータが見れなくなったというので持ってこられました。

ケースのチップや接続の不良も考えられるので、中のHDを取り出して、教室のPCに接続してみました。
なかなか認識しませんでした。何度か試すうちに、ハードディスクの修復が必要だというメッセージがでたので、これで直るかなと思ったのですが、思わぬ問題が発生し修復できないと出ました。

中は見えているので、データを救出することにしました。100GB以上のデータなので時間がかかります。まとめてコピーはできなかったのでこまめにコピーしてできる限りデータを救出することができました。

CrysalDiskInfoで検査してみると、重症ですね。セクターが部分的に破損しているようです。

HDerror20.jpg

VBAの学習

以前からやりたかったVBによるプログラミング教室。
現在極端ですが、小学6年生と80歳を超えたシニアの方が学習しています。

使っている教材は日経ソフトウェア社の「Visual Basicプログラミング入門」
テキストエディターや電卓などコードを打ち込んで作っていきます。
VB 002

出来上がったら自分で作成したプログラムのアイコンも作成してインストールもできます。
お友達にあげたり、いろいろ自慢したりできるね~

またExcelのVBAもお客様のご要望でお勉強のお手伝いをしています。
使っているテキストは技術評論社の大村あつし著「Excel VBA 本格入門」です。
VB 001

仕事の効率化を図るにはVBAの習得が必須ですね。

Microsoft バーコードコントロール

お客様がバーコードリーダーを使えるようになりたいということで持ってきました。
商品の管理などを効率よくできるようにとのことです。

バーコードはWebで作成サイトがいろいろありますが、エクセルで作りたいということでした。
エクセルでバーコードを作成するためにはAccessが入っている必要があります。入ってない場合はActiveXのRuntimeを入れます。

開発タブのコントロールの挿入からActiveXコントロールのその他にMicrosoft Barcord Control15(Office2013)
16(Office2016)があるので、そこで作成できます。
barcode1.jpg

barcode2.jpg

barcode3.jpg

ところがエクセルで作成したコードは読み取れませんでした。コードはCode128,39のどちらでやってもできません。
大きさを変えてみたりしましたがだめです。
原因はMicrosoftのソフトに原因があるようです。Office2010用のバーコードコントロール14というRuntimeをダウンロードしてみるとなんと読み取れるようになります。
Officeは2013,2016でもこの古いバージョンのRuntimeは入れることができました。

他にもバーコードを作成するにはバーコードのフォントを入れておいてフォントを変えることで作成できるようです。まだ実験していないのでその精度はわかりませんが・・Code39,Code128などのフォントがあります。
プロフィール

Hero

Author:Hero

カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

パソコン関連のパーツを格安で
検索フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
546位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
145位
アクセスランキングを見る>>